exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
「アジカンスタッフのSoだったねぇ」
ASIAN KUNG-FU GENERATION BLOG
ASIAN KUNG-FU GENERATION BLOG
PROFILE
ASIAN KUNG-FU GENERATION

ASIAN KUNG-FU GENERATION
後藤正文(Vo&G)
山田貴洋(B&Vo)
伊地知潔(Drums)
喜多建介(G&Vo)

LINK
OFFICIAL SITE
LABEL SITE
ARTIST DATA
RELEASE INFORMATION
New Album『マジックディスク』

New Album
『マジックディスク』

2010.06.23リリース
KSCL-1612/¥3,059(税込)

この作品を購入する
今日もラジオ出演あります
今日はこの後、J-WAVEの「THE CLICKERS」という番組に出演します。ゲストパートは15:15-15:45ですので、関東圏の皆さん、是非聴いてください!番組HPはコチラ⇒http://www.j-wave.co.jp/original/clickers/ プレゼントなんかもあるはずです。
来週は札幌と名古屋へ行きます。その翌週は大阪と福岡。サテライトスタジオでのラジオ出演もありますので、お近くの皆さんはチェックしてみてください!

昨日は打合せのために江ノ島方面へ。
f0156594_10403851.jpg
僕は海の無い県の出身ということもあってか、海の見えるところへ行くと、仕事で行っていたとしても、なんか遊びに来たような感覚になってしまうようです。ほっとくといくらでも寄り道をしてしまいそうになります。今回のリリースがあって何度も足を運んでますが、いつも用件だけ済ませてすぐに帰っているので、落ち着いたら、ちゃんと遊びに行きたいですねー。

では、いくつか写真を。
f0156594_10594640.jpg
※この日は、韓国・台湾に向けたコメントを収録。アジアでのリリースもあるのです。韓国は昨年2度ライブをしに行っていて、とても人気があります。もちろん外国語でのコメントも。
f0156594_10581741.jpg
※真ん中に据えられているのはスタンダードな「ポテロング」。スナック菓子は最近のゴッチの日記でもお馴染みですね。
f0156594_1173774.jpg
f0156594_1174711.jpg
※こちらはSSTV「MUSIC UPDATE」の収録現場。いつもお世話になっている鹿野さんは、鎌倉に精通していらっしゃるので、色々と教えて頂いてます。O.A.は10/22です。アルバムのこと、江ノ電のことをビッチリ話してますので要チェック!
[PR]
by akgblog | 2008-10-18 11:31
<< もうすぐリニューアルします か、買ってくれました?(宣伝です) >>
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2009年 10月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite Music の連載ブログ
◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇中田裕二
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇植田真梨恵
◇ウルフルケイスケ
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。